« Playstation コントローラーの接続がうまくいかない件 | トップページ | Yosemite で F1 2013 (アプリ)が起動しないのを修復する »

2014年8月11日 (月)

Xcode 5 でビルド後のアプリのResourcesフォルダに任意のフォルダをコピーする

画像とか、シェルスクリプトのファイルとか、直接プログラムとは関係ないツールをビルド後のアプリに自動的に含めたいときとか、ありますよね?

1個や2個のファイルなら、そのまま左側のソースツリーにドロップすればいいんだけど、多くなると1つのサブフォルダ(例:Resources/hogehoge/untitled.command みたいな)形にしたくなります。
そんなときは以下のように作業します。
  1. ツールをまとめたフォルダを用意(例:hogehoge)※中にはコピーしたいファイルも含む
  2. Xcode の左側のツリーにドロップ(※実際に以下の状態になるのは作業後です)Tree_2
  3. シートダイアログが出るので、以下の設定にします
    - Destination □ Copy items into destination group's folder(if needed) をON
    - Folders ● Create folder references for any added folders に切り替えSelectfolder
  4. 念のため、プロジェクトの Build Phases の「Copy Bundle Resources」にフォルダが追加されているかどうかチェック(追加されてなければ、+ ボタンクリックで追加する)
After
以上でOKです。

« Playstation コントローラーの接続がうまくいかない件 | トップページ | Yosemite で F1 2013 (アプリ)が起動しないのを修復する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392531/57050414

この記事へのトラックバック一覧です: Xcode 5 でビルド後のアプリのResourcesフォルダに任意のフォルダをコピーする:

« Playstation コントローラーの接続がうまくいかない件 | トップページ | Yosemite で F1 2013 (アプリ)が起動しないのを修復する »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ

Twitter

  • Twtter